投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


カエデさん、ありがとうございます

 投稿者:やまがっこう  投稿日:2014年 9月16日(火)20時18分33秒
返信・引用
  懐かしいハッタチアザミのお写真をいただきまして、ほんとうにありがとうございます♪

波立海岸は、先月の11日に通過いたしましたが、海岸に降りて散策したのは一年前の9月でした。

平成20年の9月29日に最初にハッタチアザミを見つけたあの場所、翌年に国立科学博物館の門田先生をお迎えして観察会を開催したあの場所は、やっぱり大津波の影響で株が消滅していました。

だけど、トンネルを過ぎたあの場所にハッタチアザミが生き残ってくれていて嬉しいです♪

地元の久の浜町でも、ハッタチアザミの保全にむけての活動がなされていることを知りました。

とっても嬉しく、地元の方々のご尽力に感謝の気持ちでいっぱいです。

僕もなかなかいわき市の海岸には行けませんが、今度は国道6号が通過できるようになりましたので、行ってみたいと願っています。

この間、被災ミュージアム再興事業でレスキューした双葉町の公文書資料群の中から、古い新聞のスクラップブックを見つけました。そこには、福島県植物研究会の今を支えております「小林基金」の故小林勝先生の植物に関する連載記事が綴られておりました。

福島県内の貴重な植物に関する小林先生の連載記事は、今となっては、福島県植物研究史における貴重な資料です。おそらく昭和40年代の新聞連載記事です。

そういった記事を大切に綴って来られた双葉町教育委員会の方々のお仕事に、あらためて感激した次第です。

この記事資料は、被災文化財扱いで、管轄は福島県教育委員会と双葉町なのですが、いつかはお許しを得て、「フロラ福島」にてご紹介したいです。

最近は、被災ミュージアム再興事業のことで精いっぱいですが、カエデさんのお写真を賜り、機会を得て植物観察も細々と続けていきたいと思っています。

ほんとうに、ありがとうございました。
 

ハッタチアザミ

 投稿者:カエデ  投稿日:2014年 9月16日(火)13時26分0秒
返信・引用
  記念にこちらにも貼り付けさせていただきま~す  

メハジキの花が楽しみ♪

 投稿者:やまがっこう  投稿日:2013年 3月22日(金)21時57分5秒
返信・引用
  クリさん ありがとうございます~♪

こちらの掲示板では、ほんと、お久しぶりですね~
楽しみにしていましたメハジキのこと、とっても嬉しいです♪

写真では何度も目にしていましたメハジキのお花、
咲くのが、今から楽しみです。

今年は転勤で、9年ぶりに、遺跡調査部門の職場に戻ることになりました。

今度は、勤務が月曜日から金曜日となりまして、定期的に土日の休みが確保できます。
ここ9年間はシフト勤務で、休みが不定期だったので、これからはスケジュールを組むにも楽になりました。

仕事は、復興事業関係の遺跡発掘調査で、もう待ったなしのハードなものになりそうですが、それはそれでこなせると思います。

僕は、相馬~霊山~福島の復興道路建設にかかる遺跡の発掘調査を主担当することになりそうです。今年も相馬と縁が出来そうですし、霊山にはしょっちゅう行くことになりそうです。

こんど、クリさん宅にご訪問したいと思います。
いろいろお話ししたいですし~

相馬市とも縁ができて、相馬市や南相馬市が近く感じてきました。

メハジキのこと、ほんとうにありがとうございます♪
それを励みに、新しい職場でも頑張りますね。

ところで、

福島で開催される、いがりまさしさんの写真展に併せて、高山の原生林を守る会でも花の写真展を開催することになりましたが、僕は、警戒区域となってしまった富岡町で平成14年に撮影いたしましたフモトスミレの写真を出展しようかなと思っています。

クリさんにおかれましても、よろしかったら写真をご出展なされてはいかがでしょうか。

楽しみにしております~

http://yamagatuko.sakura.ne.jp

 

メハジキ

 投稿者:クリ  投稿日:2013年 3月22日(金)08時58分39秒
返信・引用
  こちらに訪問するのはずいぶん久しぶりですw。

昨年お約束しておりましたメハジキが顔を出しました。
とりあえずは、鉢にあげて移動可能なようにしておきますね。
そのうち何かでお目にかかることもあるでしょうから、その時にお渡しいたします。
 

紫のカザグルマはほんとうに稀少です

 投稿者:やまがっこう  投稿日:2012年 5月26日(土)21時19分10秒
返信・引用
  クリさん ありがとうございます~♪

相馬市で紫のカザグルマの花を確認なされたこと、ほんとうにすごいです~!!!

福島県内のカザグルマはほとんどが白花です。
僕も、紫のカザグルマは、平成20年に古殿町で見た1例だけです。

素晴らしい発見ですね~♪
貴重な発見、とっても嬉しいです!!!

なんとか、その株は守って行きたいですね。

オドリコソウでは、とっても懐かしい想い出があります。

クリさんと初めてお会いした平成19年6月の植物研究会で、「リゾートインぼなり」にみんなで一泊した翌朝、観察会に出発する前にクリさんから宿の近くにあったオドリコソウの群落を教えていただいたのです♪ 今でも達沢不動滝に行く途中、「リゾートインぼなり」の前を通ると、あの日の事が鮮明に想い出されます~♪

懐かしいですね~♪

あれから、いわき市と石川町でオドリコソウの群落に出会っていますが、寒河江での出会いはほんとうに久しぶりでした。

相馬のオドリコソウ、淡いピンクでピュアな感じがして、とっても可愛いですね♪

今日は、久しぶりに福島の山中を歩いてきました。

湿地でハルリンドウ、森の中でクリンソウ、杉林でエビネの群落と出会えました。

いずれも一年ぶりの再会でした。

http://yamagatuko.sakura.ne.jp

 

カザグルマ

 投稿者:クリ  投稿日:2012年 5月26日(土)19時56分57秒
返信・引用
  不動滝、すごい水量ですね。写真だけでも迫力があって、マイナスイオンを浴びている感じがしました~

今日、相馬市で紫のカザグルマに出会いました

私の背丈より上に咲いていたので、斜面を登って200mm撮影でした
汗びっしょりwww

オドリコソウの群落2か所に寄ってきました
やまがっこうさんが山形でご覧になったような濃いピンクの花笠はありませんでしたが、本当に踊り子を想像してしまうのがおもしろいですよね
 

ブログ再開おめでとうございます♪

 投稿者:やまがっこう  投稿日:2012年 5月 3日(木)07時48分6秒
返信・引用
  クリさん おはようございます~♪

クリさんのブログ再開、とってもとっても、そして、とっても嬉しいです♪♪
なにか、遠くに行かれていた人が戻ってこられた、
そんな感じがして、心が熱くなる思いです~!!!

お隣の家の方も北海道から戻って来られたとのこと♪
嬉しいですね~♪

ぜひぜひリンクを張ってください~!!!
僕も、クリさんのブログ、僕のホムペサイトのリンク集に張らせていただきます♪

連休後半が始まったばかりの今日は雨降りですが、
嬉しいお知らせに、僕の心は青空です~♪

今朝、たー君たちも埼玉から帰省してきました。
大ちゃんとちゅっくんも夕べ来ました。

さて、今日はどーしよか???
というところです~

リュウキンカも終わりの季節になったのですね~
考えたら、昨日が八十八夜、
もう、初夏ですものね~

僕も、この間、ひまわり君とビッキ沼に行って、名残の水芭蕉とリュウキンカを見てきました。

ビッキ沼の前にある、びっき山「空cafe」で、生地が薄くてとっても美味しいピザと、びっき山「空cafe」の奥様がご自分で焼かれたコーヒーカップに淹れていただいた珈琲を味わってきました~♪

http://yamagatuko.sakura.ne.jp

 

リュウキンカ

 投稿者:クリ  投稿日:2012年 5月 2日(水)20時18分41秒
返信・引用
  S市史のための標本採集に行ったら、リュウキンカももう終盤に入っていました
間に合ってよかった♪

今日隣の家の方が北海道への避難から戻ってきました
やっぱりとってもうれしい~

数日前からブログ再開しました
よろしくお願いいたします
リンクも張らしていただいていいです・・・よねwww

http://sky.ap.teacup.com/warou/

 

浦尻は、潟湖みたいになったのですね

 投稿者:やまがっこう  投稿日:2012年 4月18日(水)05時55分12秒
返信・引用
  クリさん ありがとうございます

この間は観察会で大変お世話になり、さらにニッコウネコノメの件でもいろいろとお教えいただき、本当にありがとうございました。久しぶりに植物のことで夢中になれました♪

トウカイザクラは、福島市の花見山でたくさん美しく咲いていたのですが、花見山も花卉畑の養生のため、しばらくは入園をご遠慮願っているところです。今年は周囲から花見山の咲き具合を眺めることになります。今まで僕たちを楽しませてくれた花見山の花卉たちにゆっくりと休んでいただきたいと思います。

小高区も警戒区域から解除準備区域に変更されて、立ち入りが出来るようになったのですね。

S先生ご夫妻もご無事で何よりです~。あとは小高区のインフラが復旧することを待つのみですね。

ザルカブリは小高から八丈石山に向かう道路を通って行くのですね。あそこはまだ線量が高いのですよね。ご無理なさらないで下さい~。でも平成21年4月のあの日、クリさんたちと登ったことが懐かしく想い出されます。

浦尻の井田川地区は、お写真を拝見するかぎりでは潟湖みたいで、ほんとうに縄文時代の浦に戻ってしまった感じですね。これだけ湛水してしまうとポンプ排水も追いついていかないのではと心配してしまいます。巨大地震で地盤沈下してしまったのでしょうか?

震災前の美しい浦尻海岸の風景を覚えているので、とっても心が痛みます。

小高区海岸の津波被災地は原発事故災害の影響で、あの日の3.11のままなのですよね。とても辛いことです。がれき撤去も何もかもこれからなのですものね。

楢葉町も同じで、聞くところによると今月中には、いつ警戒区域が解除になるか決定して、早ければ連休明けには立ち入りができるかもしれません。解除になったら僕も実家に行ってきます。もう家の中は滅茶苦茶だと思いますが、、、

警戒区域について、小高区も楢葉町も解除になったとしても、復旧復興はすべてこれからですね。中間貯蔵施設の問題もあるし、不安な事だらけですね。

先週、以下の記事を書いてみました。

http://yamagatuko.sakura.ne.jp/zoukannoto/2012.4.9/001.html

問題山積です~

http://yamagatuko.sakura.ne.jp

 

浦尻

 投稿者:クリ  投稿日:2012年 4月17日(火)20時36分36秒
返信・引用
  トウカイザクラという桜なのですね

時々、早めに満開になっている桜に出遭うことがありますね

今日は小高区に入りました

最初ザルカブリを目指したのですが、途中小規模の崖崩れがあり、車は通れなかったので街中から浦尻、井田川を確認してきました

S先生宅に立ち寄りましたらちょうどご夫妻でいらしていて、お話しすることができました
お元気でした

S先生のご自宅は建物自体は大丈夫でした
水と電気、下水などが復旧すれば生活が可能だと思います

浦尻貝塚の周囲は浦になっていました

ポンプでの排水が続けられていましたが、もともとが稲作向けの干拓などすべきところではなかった土地のように感じました

キクザキイチゲとカテンソウが咲き揃っていました

コセリバオウレンは花を終え、果実を作っていました

写真の風景は井田川地区で、奥に見える森の先端が貝塚です
 

/25